UNITA×Renovation

空間の蘇生

段差の解消、設備の更新、部屋を明るくする、部屋を広げる、増築する、リノベーションの要請は様々です。
リノベーションは空間・建築を蘇生させることです。
ほんの少しのリノベーションであってもそれによって人の気持ちも豊かになれる様な設計を心掛けています。

お問い合わせ:Tel 086-901-1550 または E-Mail:info◎unita.jp
中庭創出 早島の古民家

築150余年の古民家、建築家矢吹良昭氏による再生工事が四半世紀前。持ち主も変わり、中庭を創出することを主眼に改築を行った。中庭に舞い込む光と風が住まい手と建築に新たな生命力をもたらすと信じている。
先達の置き土産を余すことなく3R(リユース・リデユース・リサイクル)することでコストパフォーマンスは最高値をマークしたと自負している。^(岡山県早島町)

築30年のマンション 全面リノベでスタイリッシュに再生!

昔の古さを一切払拭して全面リノベ 。金のことを言うんじゃないとのお叱り覚悟であえて自慢したい・・・改装費500万円(税別)!
ユニットバス、便器も洗面化粧台も入れ替え!キッチンなんてマンションでは夢と言われたアイランド式へ。
ちょっとした工夫でできるのです、それは… 。^(岡山県岡山市)

無垢の木のオーダーキッチンのある家

「住宅は住むための機械である」と言ったのはル・コルビジェだが、キッチンには特に高い性能が求められる。すれ違いがちな構成員の時間をつなぎ合わせたいのなら、食事に関しては準備と片づけを含めた一連の行為を「キッチンで一緒に過ごす家族団欒の時間」と捉えるのが有効だ。
家具は木工家米戸雅之氏製作、「機械」とは思えぬ温もりが生まれた。^(岡山県倉敷市)

白と黒のスタイリッシュな全面リフォーム

「ゼロベースからお願いします」とのこと。ようするに完全にスケルトンにしてから改装。料理研究家顔負けの情熱を堂々たるアイランドキッチンと隣接する食品庫でしっかり受け止めた。本好きのふたりのために、2Fの壁面を全面造り付本棚にした。
白い床、汚れるものと諦めれば汚れ汚すものかと決意すれば汚れない・・・不思議なものだ。(岡山県岡山市)

囲炉裏テーブルのある高原の別荘

元は喫茶店として設計された中古物件を別荘として蘇生させた。骨董好きなオーナーの好みにあわせて古色塗の松丸太をインテリアとして配した。
本格的囲炉裏を望まれたが、使い勝手を考慮してテーブル型を提案。縁は桑の木、中は銅板張。赤い壁は丹下氏の備中和紙を張ったもの。銅を「アカ」とはよく言ったもので壁の色に添い映えている。 (岡山県吉備中央町)

島根の家

島根の海近くの家屋のリフォーム。
今の和の印象を残しつつ、畳からフローリングに改装し、食堂はフラット天井を勾配天井にすることで開放的にし、天窓を設け自然光を取り入れた。
日本海は大変きれいだった。(島根県島根町)