UNITA×住空間

建築の原点

住宅は建築における原点と言えると思います。
それは住空間は生活が営まれる場所であり、人間がいるべき基本的な場所であるからです。
そのためにはそこに住む人の視点に立ち、思いや希望を受け止める必要があります。
だからこそ対話を大事に設計していきます。

お問い合わせ:Tel 086-901-1550 または E-Mail:info◎unita.jp
ペンギンが出迎える家

備前焼の里の中心市街地に建つ若い夫婦のための住宅。狭小地で二方向に前面道路があり、車庫からの大人用動線と学校から帰ってくる子ども動線、両方を迎え入れるために玄関は二カ所計画した。陽当たりを考慮してLDKは2Fに、寝室、応接室=ペンギンコレクション展示室は1Fに設けた。 (岡山県備前市)

濡縁と土間のある家

田舎の集落に行くと、今でも外鍵のない玄関戸にお目にかかる。たいがいの家には濡縁があり、豆や茶の葉が干してある傍で、日長おしゃべりするばあちゃんたちがいた。濡縁、この マージナルなコミュニケーション空間の復権を試みた。玄関は6帖大の土間で、カウンターはお父さんのデスク。
(岡山県岡山市)

中庭のある家

南面を開放して採光を確保したいのが人情だが、計画地は南面に高架道路があった。併用住宅という与条件を活かし、事務所棟をフロントに配しコの字型の平面計画とした。中庭は南北が3.5間 東西が3間 この寸法であれば、北棟の居室へも十分な採光が得られ、居間・食事室は開放してもプライバシーを保つことができる。
(岡山県岡山市)

大地に還る家

中古住宅を購入した住まい手は、日々の暮らしの潤いを求めて作庭家の福田義勝氏に依頼、庭が命脈を吹き返す頃にはやはり家を建て替えねばと思い至ったという。
建築と庭は相思相愛の関係でありたい。この住宅は竹ではなく年輪密実な松材による小舞下地、地元の古土を貰い受けて混ぜ込んだ土壁、いわば大地に還る家である。
(岡山県倉敷市)

6層の床を持つ家

誰が見ても2階建に見えるこの家は実は6層の床の高さを持っている。
半地下-1階-1.5階-2階-2.5階-3階=ロフトの計6層
キッチンに立てば居間も子どもの勉強スペースもすべてお見通しの家である。けれども吊り構造になっている2.5階の書斎だけは見えない。(岡山県岡山市)

露地庭のある家

都会では間口8mあれば万々歳だが、そういう敷地に本普請の家となると難易度は高い。
蔵風の外観とし、南面居室の広く取るために玄関までは露地庭風に計画した。棟梁の凝り性と住まい手のコダワリが合致・共鳴して、当初の図面にはなかった玄関庇が出来上がってしまった。こうなったら寿司屋のノレンを掛けるしかないと住まい手が言う。(岡山県岡山市)

木洩れ陽の下で寛ぐ家

国道一号線沿いの長閑な風景の中に 建つクリニック併用住宅。旧東海道の山並みは穏やかで美しい。
この住宅は2Fに居間・食事室・台所を設けている。南側には6帖大の木製デッキが ある。庭に植えられた四季折々に咲く花を眺めながら、山の緑に抱かれてデッキで食事をするのも楽しいとのこと。 (滋賀県甲賀市)

吉備津彦に守られた家

吉備の中山、古代より拓けた豊かな平野の中に建つ家。 若い夫婦だが、木を使う、見せるデザイン。
共働きなので、家事動線・収納計画は入念に行った。 洗濯ものは太陽の光と熱で乾く・・・けれど人目に触れぬ場所に干せるようになっている。 子ども室は将来2つに仕切れるようになっているが、階段を上がったところに家族みんなが使う勉強部屋を設えてある。 (岡山県岡山市)

風薫る陽だまりの家

「風通しと陽あたりの良い家を」との住まい手の希望に応えるべく、開口部の開け方を吟味検討。
床を這う風の道に寝れば涼しいが、開放して就寝できるような施錠方法が必要だ。予備室を設けるために一部2階建とした。この部屋が孤立せぬよう居間を天井高4.0mの吹き抜けとし、2階の予備室と水平窓で繋がるように計画している。 (岡山県岡山市)