UNITA×Clinic

ココロとカラダに優しい空間

クリニック空間はその性質上、訪れる人を温かく包み込む包容力が必要であると考えています。
少しでも心と体に寄与するために、空間構成や素材まで細部に拘る優しい空間作りを目指しています。

お問い合わせ:Tel 086-901-1550 または E-Mail:info◎unita.jp
吉崎歯科

文章を考案中(岡山県岡山市)

いしだ駅前歯科

新倉敷駅前に住宅併用で計画された歯科医院。北向きのエントランスの壁面をロゴカラーのオレンジを配色して視認性を高めた。左側の地窓からは、キッズコーナーで遊ぶ子どもの姿が見える。内部は自然光を取り入れ、窓の外には植栽を施してリラックスできるようにした。
照明計画は間接照明を多用して、カフェのように寛げる空間作りを心がけた。(岡山県倉敷市)

こしむねファミリー歯科医院

赤磐市といえば弊社登記上の本拠地であるが、実は赤磐市内に物件は少ない。そんななかで この医院は貴重な布石。この物件は曲がりなりにもコンペ形式で設計者を決めた経緯があり、図面を書き起こしてしばらく経ってから施主と対面。
赤磐市民離れ、岡山県民離れ、いやいや日本人離れ…した方というのが第一印象。そんなわけで建物もそれを目指した。(岡山県赤磐市)

草野歯科

建物自体は平成元年竣工、歯科医であった亡き父君の遺産、「歯科医にならなかったら建築家になりたかった」という父君が自らスケッチし 思考を重ねた院内の動線、インテリアは今でも 十分通用するものだった。そこで今回の「継承」改装では残された良きものの良さを再発現する、いわばシームレス(=継ぎ目のない)な改装を心がけた。
アプローチからエントランスにかけて新たに植栽を施した。
設計時に生後半年だった三代目が歯科医になるかどうかは未詳だが、シンブルツリーとして彼の名と同じ呼び名を持つ木を植えた。(岡山県岡山市)

かりゆしクリニック

国道一号線といえば東海道、その沿線に建つクリニック。院長先生の勤務経験地である沖縄の言葉で「かりゆし」と名付けられている。
安心して寛ぐことのできるクリニックであるように、木で作り、自然な光を取り入れて計画した。(滋賀県甲賀市)

パールデンタルクリニック

「欧米では一般的な予防のための定期通院を普及したい」というドクターの意志を受けて、白く透明感のあるカフェのような空間作りを目指した。
受付カウンターは、几帳面な直線でもなく完璧な円でもなく、矛盾をも引き受けてくれそうな寛大な楕円形を採用。
万事たおやかに優しげに包み込むようなインテリア計画とした。 (岡山県倉敷市)

あさのクリニック

先生のお父様がかつて診療を行なっていた歯科診療所を内科診療所として蘇らせたプロジェクトである。健康に配慮し、床は杉、天井は栂、壁は漆喰、家具は桧と妥協無く自然素材を使用し、心と体に優しい空間としている。(岡山県総社市)